MENU
2021年読んでよかった本10冊

【オエッ】グロい映画おすすめランキング

食欲も失せるようなグロい映画……

 

 

グロい映画を見ると食欲がなくなるので、体重は落ちますね。

 

「グロ映画ダイエット」をやってみてもいいかも。

 

今回は、かなりグロめの映画を集めてみました。

 

グロい画像は使ってませんので、閲覧注意というほどではありませんよ!

 

 

5位 アンチ・クライスト

 一言あらすじ

息子を無くした夫婦が、森の中の山小屋で療養しようとするも、妻がひたすら狂気を進行させていく話。

見どころ

エデンの園やら、魔女狩りやら、宗教的な知識がないと深いところまでは理解できない映画です。

 

でも知識がなくても、グロさだけは伝わる。

 

後半で、妻が〇〇を切り取ってしまうシーンがあるのですが、ここが一番のグロシーン。というか痛い。

 

カンヌ国際映画祭の上映では、数人が気絶したらしい。

 

批評では「女性嫌いの男が作った最悪の映画」とまで言われたそうです。

 

4位 ホステル

一言あらすじ

大学生バックパッカーが、女とヤレるという噂に誘われ、あるホステルにたどりつくも、そこが思わぬ地獄だったという話。

見どころ 

物語のあらすじがどうとかじゃなくて、単にグロいシーンを撮りたかったから撮ったという感じの映画。

 

ただ、ラストシーンは考えさせられる内容で、少し哲学的な内容にも思えます。

 

ひたすらグロいし、胸くそ悪い。

 

でも世の中には、並外れたドS(拷問大好き)の人がたくさんいます。

 

このホステルには、たまたまそんな人たちが集まっていたというだけのこと。

 

俺も昔、ほんの少しだけバックパッカーをやっていたことがありますし、ホステルにも何度か泊まりましたが、こんな最悪なホステルではありませんでした。

 

 

あと、せっかく見るのなら無修正版の方がいいかも。

どうせ見るなら、「無修正版のとことんグロいほうがいい」と俺は思うのですが、そうじゃないですか?

 

まあ、後で「見なきゃよかった……」って後悔するんですけどね。

 

3位 ハンニバル

 一言あらすじ

グロの貴公子、レクター博士がやりたい放題好き放題する話。

見どころ

あの名作『羊たちの沈黙』の続編です。

 

たぶんレクター博士シリーズで、いちばんグロい。

 

レクター博士は料理が得意らしく、「ある素材」を使ってお料理するのですが、そのシーンが気持ち悪すぎて吐くこと間違いなし。

 

ヒントを出しておくと、昔「トリビアの泉」というテレビ番組に金の脳ってあったじゃないですか。

 

 

中身がメロンパン入れになっているやつね 

 

 

レクター博士は、これを使って「料理」します。

 

2位 オーディション

一言あらすじ

キリキリキリ……恐いでしょう?

キリキリキリ……痛いでしょう?

(あらすじになってない)

見どころ

このランキング唯一の日本映画。

 

この映画もまた映画祭で多数の途中退席者を出し、強烈すぎるスプラッター描写に非難囂々だったそうです。

 

ラストに、一番グロいシーンがあるんですが、その撮影方法がうまい!

 

「あ、こんなショッキングな撮り方があるんだ」とびっくりしました、俺は。

 

海外でも人気があるようで、『ディパーテッド』というアカデミー賞受賞作品に、この映画のワンシーンが登場します。

 

この映画はグロさの象徴として認識されてるのかな

 

 

あと、いつも思うんですが、ハリウッドに出てくるような白人女性よりも、

ストレートの長い黒髪の日本女性のほうが、なぜか怖く感じるんですよね。

 

女性の怖さの描き方に関しては、日本映画のほうが優れている気がします。

 

1位 グリーン・インフェルノ

 一言あらすじ

企業の森林伐採から部族を救うために、学生グループが現地にのりこむ。

 

しかし、その部族に捕まってしまい、グロパーティが始まってしまう……。

見どころ

なんといっても、未開の部族たちの話の通じなさが怖い。

火星人みたい。

 

なぜか、この部族たちは肌を赤色っぽく塗っているので、それが余計に怖い。

バイオハザードの「クリムゾンヘッド」みたい

 

同じ人間のはずなのに、ここまで話が通じないともはや恐怖。

 

未開の部族の恐ろしさがたっぷり詰まったグロ映画。

 

見る前に、胃をからっぽにしておくことをおすすめします。

 

まとめ

個人的にグロテスクなだけの映画って、好きじゃありません。

 

ストーリー的に必然性のあるグロさならいいんですが、ただグロいだけで内容のない映画は嫌いです。

 

今回紹介した映画は、ただグロいだけでなく、ストーリーにも深みのある映画を選んでいます。

 

グロいの苦手な人も、ぜひ見てほしいです。

 

 

Kindle本を出版しました

Kindle本発売中

半導体メーカーに潜入して3ヶ月のアメリカ出張に行った時の暴露話を書きました。

・海外出張に興味のある人
・英語に興味のある人
・半導体工場で働いてみたい人

こんな人は読むと役に立つはずです。

タロン
・1996年生まれ
・気に入った本を紹介します
シェアしよう

コメント

コメントする

タップできるもくじ