MENU
2021年読んでよかった本10冊

【2021年】読んでよかった本10冊ランキング

今年も多くの本を読んだ。
 
 
最近思うのは、小説は情報や知識を得る手段としては効率が悪すぎるということ。
 
 
娯楽としては最高だけど、コスパは悪い。
 
 
これからはあまり小説を読まないようにしたい(小説は好きだけど)。
 

ガジェボート
20代でやらないと決めたこと【20代後半の目標:ドットを打つ】 | ガジェボート やりたいことを決めるのもいいんだけど、どれだけやりたいことがあっても1日は24時間に変わりない。     それなら、「やらないこと」を決めた方がいい。     読みたい本を...

タップできるもくじ

【2021年】読んでよかった本10冊ランキング

ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論

 
社会に何の貢献もしないクソ仕事をしてるサラリーマンが熱狂して読んだ、ベストセラー本。
 
 
かなり分厚くて、文章も決してかんたんではないんだけど、仕事をしてる人は全員「うわ〜あるある」と連呼しながら読める。
 

あるある本なので、むずかしくても割と読める。

 
専門的にはケインズの話になるんだけど、その辺は読み飛ばしても十分に楽しんで読める。
 
 
「ブルシット・ジョブ」は流行語大賞にすべきだわ。

あわせて読みたい
【書評】『ブルシット・ジョブ―クソどうでもいい仕事の理論』|かんたんに要約 『ブルシット・ジョブ―クソどうでもいい仕事の理論』を読みました。   ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論 [ デヴィッド・グレーバー ]posted with カ...

クララとお日さま

 
ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの受賞後第1作。
 
 
使い古されたテーマに見えるロボットと人間についての、新たな物語。
 
 
カズオ・イシグロと村上春樹は作風が似てるからよく比較されるんだけど、ITに興味のある人は絶対にカズオ・イシグロの方が面白い。
 
 
むっちゃ雑だけど、「村上春樹は文系」・「カズオ・イシグロは理系」って感じ。
 

あわせて読みたい
【書評】カズオ・イシグロ『クララとお日さま』村上春樹との違いを考察 カズオ・イシグロの新作を読みました。     童話のような物語ですが、ところどころに闇を感じる社会派の小説でした。     本書を読んで、感じたこ...

 
あわせて読みたい
カズオイシグロおすすめランキングベスト8【日本の記憶を描くノーベル文学賞作家】 カズオ・イシグロといえば、2017年のノーベル文学賞受賞者です。   生まれは日本の長崎ですが、6歳のころにイギリスに渡っているので、カズオイシグロの中にある日...

異文化理解力

 
全然期待せずに読んだんだけど、文化の違いから来る各国の性格が「カルチャーマップ」としてまとまっていたので思わず最後まで読んでしまった。
 
 
海外出張や外資系との取引など、ビジネスで海外と関わる人はぜひとも読むべし。
 
 
本書にのってるカルチャーマップは、明日から役に立つ即効性があるから。

あわせて読みたい
【カルチャーマップの作り方】『異文化理解力』がすごいので要約する【書評】 最近はコロナ禍で外国への関心がうすれがちですが、こちらの『異文化理解力』という本で紹介されている「カルチャーマップ」を見て、   ━━と思ったので内容を要約...

さよなら、俺たち

 
俺は男だから、それだけで楽に生きてきたみたいな節がある。
 
 
本書を読むと、女性がいかに生きづらいかがよくわかる。
 
 
著者は男で、自分自身も女性のことをぜんぜん知らなかったことを反省して本書を書いたらしい。
 
 
女性について無知すぎる男を処刑する本。
 
 
俺は生まれ変わっても絶対に男がいい。
 
 
「男はつらいよ」というけど、絶対に男の方が気楽に生きられる。

あわせて読みたい
【感想】『さよなら、俺たち』|男の罪に気づかされた こんな本を読みました。   さよなら、俺たち [ 清田 隆之 ]posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング   この本がですね、「男」としての自分が嫌...

変な家

 
期待せずに読んだら、ビビるほど怖かった。
 
 
物件の間取り図が出てくるんだけど、冷静に読むとなんかおかしい。
 
 
間取り図を道具として使ったホラーって、俺は初めて読んだわ。怖すぎてずるい。
 
 
日本の物件、特に田舎にあるような家ってマジでムダに広くて怖いんだよな……。

あわせて読みたい
【書評】雨穴『変な家』|間取り図ホラーという新しいジャンル こんな本を読みました。   変な家/雨穴posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング   『変な家』というタイトルの変な本なんですが、めちゃくちゃ...

アカデミアを離れてみたら

 
アカデミア(研究者の世界)を離れて、民間で就職した21人の博士号取得者の体験談が出てくる本。
 
 
恐ろしいのは、

文系の存在が完全に忘れられてること。

21人の民間就職成功者は、全員が理系。
 
 
つまり本書にのってない文系の博士号取得者は……。
 
 

「文系で博士課程に進んだ人は、民間就職が難しい」ということを、あえて物語らないことで逆に物語っている恐ろしい本。

あわせて読みたい
【書評】『アカデミアを離れてみたら』ー博士 道なき道をゆく|文系博士は就職できない? こちらの本を読んで、文系出身の僕は衝撃を受けてしまったので紹介します。   アカデミアを離れてみたら 博士,道なき道をゆく [ 岩波書店編集部 ]posted with カ...

実力も運のうち 能力主義は正義か

 
『これからの正義の話をしよう』で有名なサンデル教授の新作。
 
 
一言で要約すると、

「富裕層は傲慢すぎ。お前が成功したのは実力よりも運の要素が大きいんだから、もっと謙虚になれ」

━━という感じ。
 
 
ぶっちゃけ、高学歴者や高年収の人にマウントを取られたことのある人が大半だと思う。
 
 
本書は、そんなマウントについての反省を促す本。
 
 
まあ、サンデル教授もどう考えても成功者だから、「お前が言うな」的な本でもあるんだけど……。
あわせて読みたい
【書評】2021年4月発売のおすすめビジネス書3冊 【今月の時事ニュース】 文科省が始めた「#教師のバトン」が炎上している。     現役教師が自由に教師という仕事の魅力を伝えることが当初の目的だったのに、...

教養悪口本

 
「どうせ言うならおもしろい悪口を言おうぜ」というコンセプトで書かれた本。
 
 
「バカ」とか「無能」とかいう悪口はストレートすぎておもしろくないから、どうせならインテリっぽく賢くディスりましょう。
 
 
ディスり方にこそ知性が宿るんだ。

あわせて読みたい
【書評】2021年12月発売のおすすめビジネス書3冊 【今月の時事ニュース】 大阪の心療内科のクリニックが放火され、25人が死亡した事件が発生した。     重度の火傷を負った容疑者(61歳)は動機を語ることな...

無理ゲー社会

 
「上級国民/下級国民」という階級がある今の日本は無理ゲーだということを教えてくれる本。
 
 
努力できるかどうかが「遺伝ガチャ」で決まってしまうというデータはマジで衝撃的だった。
 
 
努力できるかどうかは遺伝で決まる。
 
 
遺伝で努力できない人に「努力しろ」と言うのがいかに残酷かよくわかる。

あわせて読みたい
【書評】2021年7月発売のおすすめビジネス書3冊 【今月の時事ニュース】 オリンピック開会式の音楽制作担当だったミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任に追い込まれた。     どうやら、過去に障害を持つ同級...

QRコードの奇跡

 
ふだん当たり前のように使ってるQRコードが、実は日本が発明してたことに驚いた。
 
 
イノベーションが生まれにくいと言われる日本で、世界中で使われているQRコードが生まれたんだ。
 
 
これからは、QRコードを見かけるたびに日本に自信を持てる。

 

Kindle本を出版しました

Kindle本発売中

半導体メーカーに潜入して3ヶ月のアメリカ出張に行った時の暴露話を書きました。

・海外出張に興味のある人
・英語に興味のある人
・半導体工場で働いてみたい人

こんな人は読むと役に立つはずです。

タロン
・1996年生まれ
・気に入った本を紹介します
シェアしよう

コメント

コメントする

タップできるもくじ